飲み始めてから数週間経たなければサプリメントの効果は実感できませんが、もっと早く結果が出ると思っている人がいます。なぜなら、サプリメントは医薬品ではなく食品だからです。日本ではサプリメントは食品として扱われており、医薬品のように効果や効能を表示して販売することは禁止されています。たとえば薬なら、風邪に効くという表示ができるのですが、食品であるサプリメントの場合は、病気が治るといった表記をすることができないのです。サプリメントは食品なので、身体に及ぼす効果がゆっくりで、結果的に体に負荷をかける心配もないということになります。薬は高い効果が期待できますが、その分副作用も強く出る場合もあります。薬は副作用のリスクがあるので、副作用の症状に対する薬を使っているという人もいるほどです。一方、サプリメントは大きな変化は期待できなくても、その分副作用が少なくて、安心して飲むことができます。副作用が少ないとはいっても、体質や飲み方によっては、体に悪い影響を及ぼす場合もあります。サプリメントをたくさん飲むほど変化が期待できるというものではく、飲み過ぎると過剰摂取になって副作用がでることも考えられます。他のサプリメントや薬との組み合わせによっては副作用の症状が出ることもあるので、事前によく検討しておきたいものです。サプリメントについてよく分からない場合には、メーカーに問い合わせをした上で購入するようにしましょう。歯を白くする話題のホワイトニング歯磨き粉「はははのは」