オイルクレンジングの他、ミルク、リキッド、ジェルなど、メイク落としのクレンジングの種類は豊富です。見た目の違いだけでなく、タイプごとに洗浄力などが違っています。自身の肌タイプや、メイクの内容によってクレンジングを選択することで、お肌に負担をかけず的確に洗うことが可能です。ミルクタイプのクレンジングには、肌に優しいという特徴があります。オイルクレンジングや、リキッドクレンジングほど洗浄力が高くはなく、界面活性剤が少ないことが、ミルククレンジングの特徴です。濃いメイクを落としたい時には洗浄力がマイルドなミルクタイプは向きませんが、皮膚を刺激せずに、優しい力で洗ってくれるクレンジング剤です。日頃施しているメイクがあまり濃くないなら、ミルククレンジング程度の洗浄力で十分に足りるでしょう。皮膚に負担をかけずに洗ってくれるので、肌タイプが強くないという人にも向いたクレンジング剤です。日頃のメイクが濃い目のはっきりメイクだという人は、洗浄力が足りないと都合が悪いので、オイルクレンジングやリキッドクレンジングが向いています。それからベースメイクは薄めにしていて、目元や口元だけしっかりとしたメイクをしているという場合も多いと思います。メイクの濃さにめりはりがある人は、目元や口元だけは専用リムーバーを使い、ベースメイクはミルククレンジングで済ませるという方法もあります。濃くメイクをした場所には洗浄力の強いクレンジングを使い、メイクが濃くないところには洗浄力が強すぎないクレンジングを使うのは、肌への負担を最小源に抑える効果的な方法です。女性用育毛剤の人気ナンバー1はこちら